爪水虫の薬


子供のころから水虫に悩み、現在は爪水虫に・・・

私は40代半ばの男ですが、足の水虫には30年以上前(中学生の頃)から悩まされています。

 

というのも、父親の履物を適当に使っていのでそれが原因だと思うのですが、田舎者の私は毎日風呂に入っているワケでもなかったので父親の水虫がうつってしまったのだと思います。

 

最初はかゆくて仕方ありませんでしたが、病院に行くのもはずかしく市販の水虫薬を使えば治まっていたのですが、水虫って慢性化すると、かゆみが無くなるんですよね・・・。油断して薬の使用を止めてしまい、また再発するということの繰り返しでした。

 

そのうち、30代半ばになって足の爪が変色・変形しているのに気が付き、もしかして爪水虫(爪白癬)ではないか?と思い、ようやく皮膚科に行き治療を始めたのですが、病院では「爪水虫は内服薬を飲まないと治らない」と言われました

 

さらに、かゆみのない爪水虫なので、面倒くさがりの私は通院が続かなく、処方しないともらえない内服薬を継続して飲むことはできませんでした。(汗;)  副作用も心配だったのも続かない理由です。

 

爪水虫があると、すぐに皮膚に菌がうつってしまうようで、塗り薬を止めるとスグに皮膚の部分も再発するようになりますよね。(涙) なので、最近は頑張って市販の水虫薬で止めることなく治療をしています。

 

頑張っている甲斐あって、指の間など皮膚の部分はキレイな状態になっているのですが、やはり爪の部分は、なかなか治すことができません

 

かなり恥ずかしいのですが、これが私の今(2013年11月24日)現在の爪水虫です。

 

爪水虫2

爪水虫1

 

変質してしまった爪とその下の固くなった皮膚は切っても痛くないので、かなり短く爪を切って薬を塗っていましたが、多少は改善したと思うものの皮膚のようには治りませんね。。。

 

ところが、最近になって爪水虫専用の外用薬があると知り、嬉しくてスグに注文しました。^o^)

 

おすすめの爪水虫用塗り薬「Dr.G’s クリアネイル」はコチラ

 

 

 

そこで、外用薬だけで爪水虫を治すことができるのか?挑戦すべく、ブログに日記を書くことにしました。

 

こちらが、そのブログ『爪水虫を外用薬で治すことができるのか?』です。

 

面倒くさがりの私ですが、だからこそブログを書いて継続して頑張ろうと思います。

 

はたして、外用薬で爪水虫を治すことができるのか・・・頑張って挑戦してみます!